【ニュース 2010年度「音楽メディアユーザー実態調査」RIAJ発表

先週、日本レコード協会(レコ協)から2010年度の音楽メディアの利用実態が報告されました。各所でもニュースに取り上げられています。

一般社団法人 日本レコード協会|プレスリリース

大元のレコ協では詳しいデータがダウンロード出来るようになっています。(多少バイアスがかかってて面白いです)

その他では、過去半年間の「CD購入率」が33.7%に減少。RIAJ調査 -AV Watch や、ラブドアブログでは、そのタイトルが衝撃的でした。と、言いますか、笑うしかないですが…

痛いニュース(ノ∀`) : 音楽が売れない!「YouTube、ニコ動が悪い」…日本レコード協会 – ライブドアブログ

レコ協のプレスリリースを読むと、まさにCDという「物」が全くと言っていいほど売れていない実態があきらかになっています。しかし、情報の取得源などは昔と変わらず、女性は全世代に渡ってテレビが最も多く、男性は、若い世代ではテレビが占めるものの40代では「ラジオ」が最も多いというのは、何となく安心する所でもあります。

CDが売れないという状況は現状では何ともし難い状況ですが、この音楽情報の取得源に注目するべきだと考えます。上位を占める箇所に重点を置く、場当たり的な対処ではなくて、情報媒体自体をもっと大事に育てる努力がなくなったこの10数年を振り返れば、このライブドアブログのタイトルのような考え方は無くなるのでしょう。

ソニック福岡

Comments: Comments

コメント

  1. […] 音楽業界にとって少なからずプラスになると考えたいものです。以前お伝えしました、レコ協の調査によりますと、40代と50代では新しい音楽情報の入手先の1位がラジオという結果でした […]

  2. […] こちらの記事でも紹介しましたが、40代ではいまだに新しい音楽を発見するツールとしてはラジオが最も多く、今後もこの動向を後押しし、さらにはその年齢層を拡げてくれるきっかけ […]

 
christian louboutin online shop,ralph lauren sale uk,christian louboutin sale uk,christian louboutin outlet,christian louboutin sale,ralph lauren outlet,louis vuitton outlet uk,moncler outlet uk,north face jacket sale,cheap michael kors